top of page

【企業の実践事例】ログエクスポート機能を活用し、企業の運用コストを削減し、国際的なセキュリティ基準を満たす



ケース1:デジタルメディア企業の運用コスト削減と手動操作のリスク軽減

ユーザーの背景:

中規模のデジタルメディア企業のソフトウェアプロジェクトマネージャー、蘇さん


シナリオ:

蘇さんは、同時に5つのプロジェクト間で200以上のユーザーアカウント追加と350以上のユーザー情報更新の記録を管理するという非常に困難な課題に直面していました。手動操作は困難と課題をもたらし、蘇さんはそれぞれのプロジェクトのシステムレコードにアクセスする必要があり、多くの手間のかかるステップが関与しており、頭痛がすることがよくありました。手動操作は常に誤りの懸念があり、特に数百のレコードを処理する場合に顕著です。誤りがアカウントアクセスの混乱や正確でないデータなどの問題を引き起こす可能性があり、蘇さんと彼女のチームに余分な作業負担をもたらしました。これらの課題に対処するために、蘇さんはより効率的な解決策が必要でした。彼女はすべてのプロジェクトのユーザー記録を迅速かつ正確に見ることができ、統計と分析を行いたいと考えていました。


解決策:

Mavisの監査ログエクスポート機能を活用することで、蘇さんはすべてのプロジェクトのログデータを自動的にエクスポートして保存することができ、統計、モニタリング、審査を容易に行うことができます。この機能の導入により、効率が大幅に向上するだけでなく、誤りのリスクが低減され、蘇さんの作業がよりスムーズで効果的になりました。


ケース2:金融機関のIT担当者がISO 27001規制要件に対処する支援


ユーザーの背景:

台湾の大規模金融機関の情報セキュリティマネージャー、高さん


シナリオ:

今日のますます競争が激化し、高度にデジタル化された金融機関の環境では、情報セキュリティとコンプライアンス(ISO 27001規制など)がますます重要になっています。高さんは、会社のITシステムを管理する際、定期的な監査要件に適合するために、離職する従業員の出発日前に関連するシステムの権限が削除されているかどうかを頻繁に追跡する必要がありました。これは、ISO 27001規制において、離職する従業員の権限は即座に取り消す必要があるためです。


解決策:

Mavisのシステムログ機能を介して、高さんは今や迅速にコンプライアンスの証拠を提供し、監査要件に簡単に対処できるようになりました。従業員が退職する際、管理者はソフトウェアのログエクスポート機能を通じて、関連する記録を迅速にエクスポートできるため、ログインレコード、権限設定、操作ログなどの大量のデータを手動で検索および整理する必要はもはやありません。これにより、高さんは迅速にコンプライアンス証拠を提供し、時間コストを削減し、作業効率を向上させ、監督機関の監査要件に適合することができます。


Mavisログエクスポート機能の詳細について


「ログエクスポート」機能は、システムが生成するログデータや記録データを外部ストレージや他のシステムにエクスポートして保存し、後続の分析、審査、モニタリング、または長期の保存に使用できるようにします。

Mavisのログファイルは監査ログとシステムログに分けられ、ユーザーのアクティビティに関する詳細な記録が含まれています。例えば:

  • ログインとログアウトの記録:ユーザーのシステムやアプリケーションへのログインとログアウトの時間とIPアドレスを記録します。

  • ユーザーアクティビティ:アプリケーションやシステム内でのユーザーの操作を追跡します。ファイルの作成、編集、削除、データレコードなどが該当します。

  • エラーと異常の記録:システムやアプリケーションのエラーメッセージ、異常イベント、警告を記録し、分析と問題解決を支援します。

  • セキュリティログ:セキュリティ関連のアクティビティを監視します。ガラスの窓のメカニズムのバックアップ、データの移行、SIEMの統合などが該当します。

  • システムのパフォーマンスとリソースモニタリング:オンラインユーザー、ストレージ使用量の上限など、システムリソースの使用状況を記録します。

ユーザーはこれらのログデータを選択的にCSV形式でエクスポートできます。エクスポートされたログはさらなる分析、レポート作成、他のシステムとの統合に使用でき、セキュリティの強化、システムの運用維持、コンプライアンスの証明を高めることができます。


Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page