top of page

【企業の実践事例】地域の切り替えを活用したオペレーション、企業の効率的な権限とリソース管理を支援




ケース:簡単な切り替えにより、国境を越えたオペレーションを実現し、リソースアクセスの多層的な管理を実現


ユーザーの背景:

ヨーロッパの自動車部品メーカー - 電機および情報システム統合部門 - シュルツェ ディレクター


シナリオ:

ある国際的に知られたヨーロッパの自動車部品メーカーは、電動車産業に進出するためにアジアの技術企業を次々と買収し、現在稼働中のサービス施設やデータセンターのサーバー施設なども含まれています。しかし同時に、親会社は異なる国の子会社、さまざまなシステム、資産の管理課題に直面し始めました。アジア地域の子会社は元々統一されていないIT管理システムを使用しており、親会社のIT部門は既存の人員でこの複雑な状況を管理するのが難しい状況でした。さらにセキュリティ上の理由から、親会社は全ての子会社のサーバーリソースとクラウドリソースのアクセス権限と操作履歴を総合的に管理する必要がありましたが、アジア地域の子会社は元々リソースの権限管理が完全でなく、操作履歴も統合された管理が行われていませんでした。これらの問題は親会社のITスタッフの多くの時間を取られるだけでなく、潜在的なセキュリティリスクも隠れていました。これらの理由から、プロジェクトの推進効率が低下していました。


解決策:

MAVISシステムのエリア切り替え機能を使用することで、アジア地域の子会社は簡単に親会社のMAVISに接続でき、各エリアの権限もエリアマネージャーや子会社の責任者に委任できます。親会社のSchulzeはエリア切り替え機能を使用して、ヨーロッパとアジアの間での閲覧と管理が可能です。アジアの子会社はMAVISのエリア切り替え機能を設定するだけで、他の子会社と簡単に共有し、親会社のリソースを呼び出す必要がなくなります。これにより手続きや手続きが不要になります。同じMAVISインターフェースを採用しているため、学習とコミュニケーションのコストも同時に低減します。すべての操作履歴もMAVISの単一のインターフェースで統一的に表示および管理できます。


Schulzeは今や資産とアイデンティティの慎重な管理を実現し、効率を向上させ、リスクを低減し、将来の拡張と成長のために堅固な基盤を築いています。


MAVIS地域切り替えの機能を詳しく見てみましょう

地域切り替え機能は複数の独立したMAVISシステムを連結し、主従概念を導入して一方向のジャンプを必要に応じて設定できます。ユーザーが別のMAVISシステムに切り替えると、そのMAVISの管理者となります。この機能は大規模な企業組織に特に適しており、複数のMAVISシステムを所有し、MAVISを横断してリソースを管理する必要がある場合に利用できます。すべての操作履歴は各子会社で独立して存在できます。親会社の管理者は一つのインターフェースを介して全体を完全に表示および管理できます。これは多国籍の情報規格に合致しており、より細かい権限の分割も実現しています。国境を越えた組織や権限の管理を簡単に実現できます。

Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page