top of page

【企業の実践事例】パスワード管理の課題を解決し、パスワードローテーション機能が企業のコンプライアンス要件を支援



ケース:ダイナミックパスワード管理機能により、ゼロトラストアーキテクチャ下での企業セキュリティレベルが向上


ユーザーの状況:

証券会社 - トレーディングルーム運営責任者 - スー・マネージャー


シナリオ:

スー・マネージャーは、会社のトレーディングルームのパスワード管理に重大な課題を抱えています。最近の監査では重要なセキュリティ問題が明らかになり、監査官は、監査要件とセキュリティ上の考慮事項に対応するため、トレーディング市場のパスワードを90日ごとに変更する必要があると述べました。しかし、会社はトレーディングルームの連続稼働を維持するために常に忙しい状態にあります。開発者がパスワード変更操作を行ったかを追跡し、いつ変更されたかを記録し、彼らにパスワードの変更を促すことは管理者にとって手間のかかる作業です。また、個人情報の保護原則に基づき、管理者は部下が正しくパスワードを変更したかどうかを確認することができません。操作者は利便性を求めて、簡単に推測される低強度のパスワードを設定することがよくあります。スー・マネージャーは、トレーディング所が直面する監査上のセキュリティ課題に対処する包括的な解決策が緊急に必要です。


解決策:

MAVISのパスワードローテーションは単なる機能的な解決策に留まらず、定期的にユーザーのパスワードを自動的に変更することでシステムのセキュリティを向上させ、同時に監査要件に準拠します。自動化されたローテーション機能により、開発者は手動介入することなくパスワード変更規定を遵守でき、システム全体のセキュリティを確保します。

セキュリティの向上に加えて、このシステムは詳細なシステムログを生成し、すべてのパスワード変更が各種セキュリティ監査基準とコンプライアンス要件に準拠していることを確認します。これらの記録は、組織が関連するコンプライアンス検査にスムーズに合格するのに役立ち、スー・マネージャーの監査時のストレスと不確実性を軽減します。

最も重要なのは、この解決策の展開がユーザーの接続やトレーディングルームの正常な運用に影響を与えないことです。ユーザーは引き続き取引を中断することなく行い、パスワード変更による業務効率や接続の安定性への影響を心配する必要はありません。


パスワードローテーション機能を詳しく見てみましょう

パスワードローテーションはセキュリティを強化する機能であり、定期的にユーザーが設定したパスワードを変更し、システムのセキュリティを向上させ、規制や監査要件に適合させることを目的としています。この機能は自動的に実行され、ユーザーの干渉や既存の接続の中断なしにシステム内のすべてのユーザーのパスワードを定期的に変更します。


Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page