top of page

【企業の実践事例】主要なWebアプリケーションの集中制御インターフェース管理



ケース1:3つの主要なパブリッククラウドの中央制御インターフェース管理により、アカウント共有と操作の不透明性の問題を解決


ユーザーの背景:

台湾のソフトウェア開発チームのマネージャー - 胡さん


シナリオ:

胡さんは、台湾のソフトウェア開発チームのシニアマネージャーで、数十人のエンジニアから成るチームを管理しています。開発の需要が増えているため、このチームはAWS、GCP、Azureなど、さまざまな操作(クラウド環境のアーキテクチャ設計、仮想マシンの構成調整、ソフトウェアの展開、テストなど)を行うために複数の主要なクラウドサービスにアクセスする必要があります。

ただし、コスト考慮のため、企業は共有アカウントとパスワードのセットを提供することにし、これが操作履歴の不透明性を引き起こしました。チームのメンバーはすべて同じログイン資格情報を共有しているため、システムエラーや問題が発生した場合、胡さんは誰がいつどのような操作を行ったのかを特定するのが難しく、問題を正確に解決するのが難しい状況でした。


解決策:

この問題を解決するために、胡さんは同僚の推薦を受けて、MavisのWebアプリケーション管理機能を採用することを決定しました。この解決策はすぐに大きな改善をもたらしました。Mavisは3つの主要なパブリッククラウドの中央制御インターフェースをサポートしているため、開発チームは異なるクラウドシステム間でのWebベースの接続操作を単一のインターフェースを介して実行できるようになり、さらに最もよく使用するGitHubにもワンクリックでログインできるようになり、作業効率が向上しました。



ケース2:複数のブランドのネットワーク管理デバイスにワンクリックでログインし、異なるラットフォームの操作を簡単にします


ユーザーの背景:

シニアSREエンジニア - ジェイソン


シナリオ:

ジェイソンは、台湾のeコマースプラットフォームのシニアSREエンジニアです。彼は会社のわずかなエンジニアの一人として、ネットワークデバイスを管理するなど、多くの責任を担っています。彼の会社はFortiGateなどの複数のブランドのファイアウォールを使用してネットワークセキュリティを保護しています。すべてのファイアウォールに特定の設定変更が必要な場合、ジェイソンは各デバイスの管理インターフェースにアクセスする必要があり、これは時間がかかり、操作のミスの可能性が高まり、操作ミスが発生しやすくなります。


解決策:

会社はすでにMavisを導入しており、最近、ジェイソンが必要としていたネットワーク管理デバイスインターフェース管理機能を追加しました。必要なFortiGateデバイスに加えて、Mavis General Consoleの基準を満たすすべてのインターフェースも一括で管理できるようになりました。これにより、ジェイソンは会社が使用しているすべてのネットワーク管理デバイスのインターフェースにワンクリックでログインし、ファイアウォールの同期操作を実行でき、デバイスの一貫性を確保し、自身の操作ミスの可能性を減少させ、会社のネットワークセキュリティを向上させることができます。


Mavis Web Applicationの機能を詳しく見てみましょう

MavisのWebアプリケーション管理機能は、AWS、GCP、Azureなどの3つの主要なパブリッククラウド、VMWareのプライベートクラウド、GitHub、FortiGateなどの主要なクラウドインターフェースをサポートしています。これにより、ユーザーは単一のMavisシステムを介して異なるインターフェースで多様な操作を実行できます。過去には、チームメンバーはしばしば多くのWebアプリケーションインターフェースにログインするために単一のアカウントを共有する必要があり、これが操作の混乱と不透明性を引き起こす可能性がありました。MavisのWebアプリケーション管理機能を使用することで、共有アカウントの必要性がなくなるだけでなく、管理者はすべての操作を簡単にトラッキングできます。単純なマウスクリックでも画像として記録されるため、問題を迅速に解決し、明確な責任を確保することが容易になります。

Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page