top of page

【企業の実践事例】Secret Managerが企業にアカウントとパスワードの管理の難題から解放



ケース:Secret賢く管理し、セキュリティ問題ない

ユーザーの背景:

私立銀行サイバーセキュリティ部門 - 何部長


シナリオ:

何氏は知名度の高い私立銀行のサイバーセキュリティ部門の部長です。最近、政府機関の監査が強化されており、サイバーセキュリティ部は常に潜在的なセキュリティイベントを処理するために神経を引き締めなければなりません。何部長が特に悩まされているのは、各種クラウドマシンへのログインに関連するアカウントとパスワードの管理の問題です。現在の最も悩ましいのは、企業のコストの観点から、多くのプラットフォームが需要のある人員に対して1つのアカウントとパスワードしか提供していないため、組織内に複数の共有パスワードが存在している状況です。これがサイバーセキュリティ部が常に不安を感じる原因となっています。共有パスワードの使用はユーザーの情報を追跡するのが難しだけでなく、各階層の人員はクラウドキーとマシンへのログインごとにアカウントとパスワードを繰り返し入力する必要があり、それによりアカウントの紛失やハッカーの攻撃のリスクが増加しています。


解決策:

何部長は同業者の勧めに従い、新世代のハイブリッドマルチクラウド特権管理ツール、Mavisを導入することを提案しました。MavisのSecret Manager機能を使用すると、管理者は異なるプロジェクトや個々の人員の要件に対応するために複数のSecretを作成するのに役立ちます。これにより、ログインはパブリッククラウド、管理対象のマシン、通常のウェブページに関係なく、管理者は具体的なシナリオに基づいてアカウント形式を柔軟に構成できます。この柔軟性により、ログインプロセス全体が実際のアプリケーション要件により適合するようになります。Mavis Secret Manager機能はパスワードの自動入力も行え、サービスへのアクセス時にオペレーターが手動でパスワードを入力する手間を省くことができます。これにより操作の利便性が大幅に向上するだけでなく、異なる従業員が同じアカウントとパスワードを使用する場合でも、管理者は誰がどのマシンでそのアカウントとパスワードの組み合わせを使用したかを明確に把握できます。このようなスマートな管理方法は、個々の従業員にアカウントとパスワードを設定する時間を効果的に節約し、管理の負担を軽減します。


Secret Managerの機能を詳しく見てみましょう

Secret は、企業のすべての機密情報と敏感なデータ(ログインアカウント、パスワード、クラウドキーなどを含む)を有効に管理する、証明書機能を取って代わるソリューションです。ユーザーはアクセスサービスを構築する際に手動でパスワードを入力する必要はなく、簡単に対応する鍵を選択できます。Secret の動作方法により、企業はデータの保存とアクセスの過程でより強力な保護を実現でき、同時にユーザーの操作プロセスを簡素化します。これにより機密情報の所有権と使用権が巧妙に分離され、企業の情報セキュリティの水準が向上し、人為的なエラーに起因する潜在的なリスクが低減します。


Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page