top of page

奔騰網路は日本 UniBis と提携し、正式に日本市場に参入

日本のソフトウェア開発・コンサルティング会社である株式会社UniBis(Universal Business Solutions)と奔騰網路 PNTL(Pentium Network Technology Ltd.)は、代理店契約に署名し、「ハイブリッドマルチクラウドアクセス権限管理ツール Mavis」を日本市場で発売することになります。これにより、奔騰網路は日本企業に対して包括的なクラウドソリューションを提供する機会を得ることができ、日本の複雑なマルチクラウドシステムの構築や運用上の課題を解決するため、顧客の現代的なITインフラストラクチャーの構築を積極的に支援することができます。そして、奔騰網路は今年の2月27日から28日にかけて、東京で開催されるCity-Tech.Tokyo展示会に参加し、地元企業UniBisと初めて協力します。これにより、奔騰網路が日本市場での展開に向けた決意と意欲をさらに固めることができます。


UniBis社長の市村安博氏は、11月末の台湾訪問中、奔騰網路のCEOと共に台北にある奔騰網路本社を訪問し、視察や協力交渉を行いました。「日本の中小企業のIT人材は非常に不足している。」と市村氏は会議で述べ、「しかし、Mavisのようなソフトウェアはこのような状況に大きな改善をもたらすことができます。」彼は、マルチクラウド管理とPAM特権管理を統合できるようなソリューションのようなMavisは、日本市場において独一無二であると考えています。混合マルチクラウド環境が企業の主流になっている現在、クラウドに未参加の企業がデジタルトランスフォーメーションのニーズを満たすだけでなく、既にクラウドに参加している企業が企業デジタルアセットの一元管理を完了するためにも役立ちます。シンプルで明快な操作により、運用スタッフが迅速に対応できるようになります。エンジニアリング技術のバックグラウンドを持つ市村社長自身が実際に使用した結果、Mavisが運用スタッフにとってどれだけ魅力的であるかがよく分かります。Mavisは早急に日本市場に投入されることを期待しています。


Mavisは、ゼロトラストフレームワークに基づき、国際標準ISO 27001に準拠したハイブリッドマルチクラウドアクセス権限管理ツールです。Mavisのクロスクラウド集約機能は、デジタルトランスフォーメーションに積極的に取り組む日本企業が、すべてのハイブリッドクラウドリソースを管理することができるように支援し、企業はMavisを持っていれば、異なる部門のデジタルアセットを統一的に管理し、人材の学習コストを大幅に削減し、クロスリソース操作に起因する可能性のあるエラーを減らして企業の生産性を向上させることができます。Mavisは、強力な特権管理ツールと監査管理要素も備えており、情報セキュリティとプライバシーを重視する日本企業は、包括的なRBAC(ロールベースアクセス制御)を通じて権限を効果的に管理できます。プロジェクトメンバーに明確な権限とアイデンティティを容易に付与するだけでなく、すべての特権ユーザーによるリソースのアクセス活動を監視および記録し、監査管理をより便利にすることができます。これにより、運用および監査スタッフ全員の効率と作業品質が向上します。


[会社概要]


About Unibis 關於日本株式会社Unibis

日本株式会社UniBis(ユニバーサルビジネスソリューションズ)は、2019年に設立され、本社はITの中心地である千代田区にあります。主な事業はソフトウェア開発およびITコンサルティングであり、国内外のソフトウェアおよびハードウェアのイノベーション技術を組み合わせたり、人工知能を補完することで、具体的な解決策を構築し、顧客とともに現在の困難を解決するサポートをしています。


About Pentium Network 關於PNTL奔騰網路科技股份有限公司

PNTL奔騰網路科技股份有限公司は2017年に設立され、設立以来、現代のハイブリッド・マルチクラウドの企業システム構造に対応し、クラウド・ネイティブの技術を用いて、デジタル転換に伴う複雑なシステム管理に楽々対応することを支援しています。今回のUniBisとの協力機会により、PNTL奔騰網路はアジア市場における布局を一層前進させ、日本の企業がPNTL奔騰網路の優れた製品や地元の付加価値のあるサービスをより多く利用できるようになりました。


Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page