top of page

Pentium Network技術セミナーの振り返り:開発と運用のベストプラクティスの共有



1月11日、Pentium NetworkとDomain Driven Design Taiwan Communityは、「開発と運用を横断するクラウドネイティブアプリケーションデプロイプラットフォーム:デプロイプロセスのコミュニケーションの問題を効果的に解決する」をテーマにした講座を共催しました。イベントは、技術ディレクターである郭信義 Sam とプロダクトマネージャーの沈嘉祐 Eric が講演し、Pentium Networkの開発と運用に関する洞察を深く共有し、CI/CDデプロイメントにおける革新的な考え方を紹介しました。これにより、アプリケーションの簡単なデプロイを望む多くの業界の専門家が熱心に参加し、一致した好評を得ました。


セッションでは、Ericは開発と運用の観点から、さまざまな作業場面で遭遇する可能性のあるデプロイの課題について詳細に説明し、RAPDが解決しようとしている問題領域を紹介し、製品の特徴を説明し、開発者のデプロイの障壁と時間を低減し、デプロイのコミュニケーションの最適なツールになることを期待しています。一方、Samは技術アーキテクチャを起点にRAPDが提供するプラットフォームフレームワークを詳細に説明し、抽象化の方法を通じて職種や開発を横断したコミュニケーションをどのように実現するかを説明しました。同時に、Cluster、Environment、Components間の拡張と定義についても共有し、設計思想とアーキテクチャを明らかにしました。



Pentium Networkは、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進する使命を掲げ、革新的な技術に投資し続け、より効率的で柔軟性があり、拡張性のあるソリューションを提供しています。私たちの目標は、開発と運用の課題だけでなく、お客様に完全で先進的な開発環境を提供することです。開発と運用プロセスの中で継続的なデプロイに関する質問や疑念がある場合は、お気軽にお知らせください!私たちは皆さんと一緒に深く探求し、開発と運用の未来の課題に共に立ち向かうことを楽しみにしています。

Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page