top of page

Pentium NetworkのCEOは、CloudMileの「Party on Cloud 雲上漫遊派對」で、企業に深刻なセキュリティ課題を提起し、厳しいセキュリティ状況を再評価した



Pentium Networkは、10月4日にCloudMileが主催した「Party on Cloud 雲上漫遊派對」に参加し、多くのクラウド業界の専門家と企業が集まるこのイベントで、CEOのKentが「上天下地一處不漏、打造全方位資安防護」と題した素晴らしい講演を披露しました。彼の演説は、会場の観客から共鳴を引き起こすだけでなく、企業経営者たちにより深い洞察をもたらす3つの企業に対する考えを提起しました。


Kent CEOは、企業にとって極めて重要な3つの問題を提起しました。まず最初に、彼は「ITチームに会社の資産とサービスを操作する権限をどのように与えていますか?」と尋ねました。多くの企業は、一般的にExcelスプレッドシートを使用して、内外のアカウントとパスワード情報を共有し、重要なキーを同じフォルダに保存して管理しています。この方法は、アカウントとパスワードの漏洩を容易にし、ハッカーがこの情報にアクセスできれば、企業に重大な損害を与える可能性があります。


次に、Kentは次の問題を提起しました。「外部ベンダーに会社の資産とサービスを操作する権限をどのように与えていますか?」企業は外部のサービスを必要とし、外部の人々が内部情報を操作することがあります。これらの操作を記録するために、内部のスタッフは隣で監視だけでなく、操作プロセスを記録するためにカメラを使用する場合もあります。


最後に、彼は「貴社は現在、ハイブリッドクラウドアーキテクチャを使用していますか?」と指摘しました。統計によれば、2023年までに72%の企業がハイブリッドクラウド環境を採用しています。このように複雑な環境に直面する際、セキュリティの確保は非常に難しい課題となります。


Mavisは、クラウドとセキュリティの概念を組み合わせたハイブリッドマルチクラウドアクセス権限管理ツールで、次の3つの主要な特徴を備えています。「IDアクセスモニタリング管理」、「クラウドリソース統合管理」、「全面的な記録」です。これらの機能は、前述の3つの企業課題を効果的に解決するのに役立ちます。


「IDアクセスモニタリング管理」は、ゼロトラストフレームワークに基づいており、包括的なABAC(属性ベースのアクセス制御)機能を提供し、リアルタイムモニタリングを通じてリスクを低減します。また、「クラウドリソース統合管理」は、ITチームがクラウドとアプリケーションを跨いで操作するための単一のインターフェースを提供し、操作エラーを減少させ、人件費を節約します。最後に、「全面的な記録」は、操作ログと再生記録機能を組み合わせており、改ざんできないデジタル証拠を提供し、管理者が問題の発生源を迅速に特定し、セキュリティと効率を向上させます。



Pentium Networkは、常に企業に最先端のセキュリティソリューションを提供することに専念しており、情報セキュリティが現代の企業にとって非常に重要であることを認識しています。Mavisソフトウェアの3つの主要な特徴は、セキュリティ、効率、管理性を向上させ、お客様の企業に多大な恩恵をもたらします。Mavisを活用して企業資産を保護する方法についてさらに詳しく知りたい場合は、専門チームにお気軽にお問い合わせください。お手伝いできることを楽しみにしています。


Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page