top of page

Pentium NetworkのCEOは、CloudMile Solutions Dayサミットで注目のパネルディスカッションに出席し、国家レベルのサイバーセキュリティ戦略を議論



2023年9月21日、CloudMileは「2023 CloudMile Solutions Day Summit」を開催し、「デジタルサステナビリティのためのAI機会の習得」というテーマを掲げました。このサミットでは、企業にとって重要なテーマであるAIアプリケーション、データ管理、持続可能な運用などに焦点を当てました。元科学技術部長のChen Liang-Chiや元国家通信委員会委員長のJan Ting-Yiなど、産業、政府、学界の15人以上の著名なリーダーが技術の発展とデジタル変革の能力について議論しました。Pentium NetworkはCloudMileの戦略的パートナーとして、クラウドサービスを強化し、国家レベルのサイバーセキュリティ防御を構築するテーマの特集パネルディスカッションに参加し、デジタルトレンドに適応し、クラウドへの安全な移行を支援し、デジタル変革を実現し、産業競争力を向上させる方法について共有しました。


パネルディスカッションでは、Pentium NetworkのCEOであるKent Changが、企業がパブリッククラウドサービスを使用する際に直面するサイバーセキュリティの課題と問題について共有しました。「長らく、ハッカーは企業のアカウント管理の怠慢を利用して攻撃を続けてきました。ハイブリッドクラウドやマルチクラウドが主流になることで、アカウント管理がますます難しくなることが予想されます。したがって、ゼロトラストアーキテクチャに基づくアカウント管理製品の導入を考えることができます。」また、Pentium Networkが自社開発した製品であるMavisが、ハイブリッドクラウドアーキテクチャにおけるサイバーセキュリティの課題をどのように解決するかについても説明しました。「たとえば、当社が提供するMavisハイブリッドマルチクラウド特権管理ツールは、サイバーセキュリティチームが従業員に適切なアクセス許可を付与するのを支援し、彼らのアイデンティティに合致するデータとアプリケーションサービスにアクセスできるようにします。これにより、サイバーセキュリティのリスクが低減し、サイバーセキュリティ担当者の負担が軽減されます。」



企業のサイバーセキュリティ人材不足に直面する中、Kent Changはリソースの活用に関する解決策を提案しました。「この状況下では、使いやすく強力なツールを導入することで、サイバーセキュリティの担当者が最大の効率を発揮し、業務負荷を軽減できます。適切なツールを導入するだけでなく、外部リソースを求めることも必要な手段です。外部のサイバーセキュリティ企業は、サイバーセキュリティのトレンドや技術能力を内部の担当者よりも迅速に把握し、緊急事態に対応できる能力を持っています。したがって、企業は日常の運用業務を自動化ツールに任せ、潜在的な脅威が検出された場合や悪意のあるプログラムが侵入した場合には、外部チームに対処させることを検討できます。」



CloudMile Solutions Dayサミットでは、Pentium NetworkのチームメンバーもゲストとMavisという強力なサイバーセキュリティ保護ツールを共有し、多くの企業から大きな関心とフィードバックを得ました。ハイブリッドクラウドアーキテクチャ向けのサイバーセキュリティソリューションについての詳細情報は、Pentium Networkの公式ウェブサイトをご覧ください。




Comments


  • 5168781
  • LinkedIn_icon_circle.svg
bottom of page